買取にデザインは関係ある?

金の買取をしているお店に金製品を持っていくと、その場で査定してくれます。

査定額に納得できなければ売らずに持ち帰るか、他店に再度査定を依頼する事もできます。

インゴットやコインのように形が決まっている物は、ブランド刻印やシリアルナンバーがついている方が高値で買い取ってもらえます。

アクセサリーの場合は、デザインによる買取価格の違いはほぼないと思っておいたほうがいいかもしれません。

凝ったデザインが気に入って購入したアクセサリーの場合、デザイン料や加工料なども含まれていますが、金買取に関しては関係なくなってしまいます。

あくまでも金の量だけを査定するため、あまりデザインの違いは考慮されません。

しかし工芸品であればデザインに価値を見出す物もあります。

工芸品でも金を使っていれば、金買取店で買い取ってもらえますが、この場合はきちんと工芸品の鑑定ができる鑑定士のいる店を選びましょう。

ただの金として査定するのと、工芸品としてデザインも考慮して鑑定するのとでは買取価格も変わってくるからです。

専門の鑑定士がいればその分高く買い取ってもらえます。

アクセサリーの場合は宝石が付いている物もありますが、この場合は宝石の鑑定ができる人に鑑定してもらった方が、金と宝石の価値をそれぞれ鑑定してもらえるので、査定額も高くなる事が予想できます。

買取実績が多い店もありますが、鑑定士の腕も確かな方が安心です。

※記事ピックアップ→子供がうらやましい…! 「本物の宝石」を使うキッザニア「鑑定士」体験がガチすぎると話題 | ニコニコニュース

Categories: 金の査定
1月
1

Comments are closed.